ABCレポート

ABCレポート

2016年11月1日(火)09:18:30

【街レポ】JR総武線・東武亀戸線“亀戸”駅とは どんな街?

IMG_2675

江戸時代の名残が残る下町情緒の強い街“亀戸”。

その歴史の中で、独自の文化を発展させ、最近では都心部の飲食店が流れ込んできており終始行列の絶えない名店が軒を連ねている場所もある。

地元に愛されている場所から、わざわざ訪問してまできたい場所までぎっちり詰まった行楽地であり繁華街であるこのエリアをみていってみましょう。

 

JR総武線と東武亀戸線が走るアクセスのよい駅


 

matome2 亀戸と書いて「かめいど」と読む、数ある難読地名一つであり、知名度がないわけではなく誤認識の多いエリア。もともと、亀井戸と書かれていたことが由来とされており、亀島と言われる亀の形に似た島であったことからとられたとのこと。その後、島の周辺に土砂などが堆積していき島々が陸続きとなっていき、もとの島周辺の総称として亀村と呼ばれるようになった。そして、現在の亀戸三丁目付近にある井戸「亀ヶ井」と混ざるように認識されるようになり、いつしか「亀井戸」と呼ばれるようになったそう。そこから、いつしか「井」が抜け、現在の「亀戸」となった。この「亀戸」としての名前が世に知れ渡ったのは、亀戸天神社の建立にもある。菅原道真の末裔である、菅原の大鳥居信祐が九州にある太宰府天満宮から勧請し、大宰府のつくりにならったものに仕上げられ、四季に応じた花々や、毎年五月に見ごろを迎える藤棚など行楽街として知られたことで「亀戸」としての地名が定着したといえる。また、もともと周囲を海に囲まれていた名残も見受けられる。それは、四方が川に囲まれ、町域がはっきりと区分されていることから見てとることができる。北には、北十間川、南には堅川、西には横十間川、西には旧中川が配しており、川を見れば亀戸がわかるといっても過言ではない。そんな亀戸は、隣の「錦糸町」駅と合わせて「錦糸町・亀戸副都心」として、東京都から指定を受けている街でもある。JR線でのアクセスがあるため、秋葉原まででてしまえば山手線・京浜東北線・日比谷線が利用できる。さらに、東武亀戸線の利用で、押上方面への利便性も兼ね備える。隣接する錦糸町まで行くと、総武本線、半蔵門線が利用となり、南にすこし南下することで都営新宿線の駅である西大島を利用することも可能となっている。

 

 

名だたる飲食店が各所で展開中 まだまだ注目を浴び続けるエリア


駅周辺から街を見ていくと、北と南でくっきりと内容がかわってくる。まず南側は京葉道路に沿うように大型オフィスビルやドン・キホーテといった比較的目につきやすいビルが多く配されている。また、松屋、ココ壱番屋、スタ丼、ミスタードーナッツ、ポポラマーマ、すしざんまい、デニーズといった大型チェーン店が軒を連ねていおり、24時間稼働を前提とした飲食店の需要がうかがえてくる。京葉道路を越えた首都高速7号小松川線までの区画には、中密度の住宅施設が多くみられる。その中にちらほらと中華系の飲食店や、飲み屋、スナックといった夜にフォーカスを当てた店舗が目に留まる。北側は、古い商店街が多くある。駅明治通り沿いに蔵前橋通まで続く亀戸十間通り、蔵前橋通りに並行するかのように東に延びている亀戸中央商店街、香取神社の門前町となっていた亀戸香取勝運商店街、亀戸天神前の亀戸天神通り商店街などメディアに取り上げられたことは一度や二度ではない商店街がひしめいている。また、亀戸十三間通りから一本東側にはいった通りには、有名飲食店がずらりと並んでいる。亀戸ホルモン、ホルモン青木、亀戸餃子本店、鳥さわ、ラーメン二郎 亀戸店、菜苑などなど外からも訪れたくなる店舗が目白押しのエリアである。 matome1

 

 

物価が安く暮らしやすいエリア 大型ショッピング施設も多く買い物に困らない


商店街が充実しているため、そこに倣うように生活に即した店舗も多くある。特に、亀戸十三間通りや亀戸中央商店街においては、昔ながらの八百屋や、魚屋、味噌屋、豆腐屋、お惣菜屋など古くからお店を構えられている個人店が多くあり、そこに住まわれている方々の人足が絶えることはない。そのため、食料や衣料といったものが安く手に入り、生活することへの不安は少ない環境といえる。また、都心近くでありながら、広域な施設が多くあり比較的緑が目につきやすい。前述した亀戸天神社、香取神社などの寺社の境内、亀戸緑道公園、亀戸中央公園などの緑を取り入れた施設群、あとは集合住宅地には植栽がかなりの数取り入れられており、亀戸という街全体が、緑を取り入れることへの意識を持っていると感じられる。

帯

matome7


matome8

2017.03.30
【新卒】新入社員奮闘日記 – 番外編 –
ぶっちー008
2017.03.29
【新卒】新入社員奮闘日記 Vol.37
たかみー002