ABCレポート

ABCレポート

2016年6月17日(金)13:33:11

【飲食ニュース】最近巷で話題の「バル」って何?

最近、街を歩いていると目に留まるのが、趣向が凝らされたお洒落な“バル”のお店たちです。

IMG_2973

 

肉バル、鶏バル、海老バル、日本酒バル、ワインバル、カフェバル、チーズバル、果ては泳ぎイカバルまで――

「バル」という言葉の語感もあいまって、何だかとっても楽し気な感じ♪

 

ABC店舗の物件でも沢山の方がバル出店を果たされています。例えば……

 

☆渋谷のワインバル|IMUBAR(イムバル)さん

th_d33d025faaf864459cf918b6b74318f7_imbar001

 

☆新橋のバル|リトロ場さん

th_6f8d96136e3c5cfde2a05e1d84569f9d_ritoro_02

 

いずれも落ち着いた雰囲気で、大人の隠れ家空間といった趣きです☆

 

ところで、バルとは一体どんなお店なのでしょうか?

バルは、英語のBar(バー)をスペイン語(バル)、イタリア語(バール)で発音したもの。昼はカフェ、夜は酒場と姿を変える食堂+バーのような飲食店です。

バルの本場・スペインでは、バルはもはや人々の生活の一部。単なる飲食店を超えて、地域住民の交流の場となっています。

南欧では、夕食が21~22時台と遅い時間帯なことから、夕方になると小腹を満たすために人々がバルに集まってくるのだそう。

そこで生まれたのが、ワインのお供にぴったりの「タパス」と「ピンチョス」です。

タパスは、お店自慢のお惣菜や家庭料理を乗せた小皿料理。ピンチョスは、パンの小切れに様々な具材を乗せたフィンガーフードです。こうした小皿をちょこちょこつまみつつ、友人やご近所とのおしゃべりを愉しむのだそうです。

新橋・リトロ場さんご自慢のローストビーフ!

新橋・リトロ場さんご自慢のローストビーフ!

 

日本では、こうした現地文化を取り入れつつ、

●なんだかお洒落でイイ雰囲気を醸している
●種類豊富なワイン、ビールやソフトドリンクが楽しめる
●通好みの美味しいスペシャリテ(看板料理)や小品でお腹も満足
●みんなでワイワイ賑やかに盛り上がれる

そんなお店が“バル”として認識されているようです。

フーデックス5

 

バルの出店が日本で目立つようになってきたのは、一説によると2010年頃から。

かしこまったレストランでもなく、安っぽい居酒屋でもない、気楽に美味しい料理やお酒が楽しめるお店として今も人気上昇中です。

 

ABC店舗がある浜松町エリアにも、ざっと調べただけでこんなに沢山の個性豊かなバル店舗が出てきました~!

————

◇浜松町徒歩3分|ダイニング&バル DINING & BAR GRANT(ダイニング&バーグラント)

◇浜松町徒歩3分|ビアバルTHE LOWER RIGHT(ザロワーライト)Beer&Kitchen

◇浜松町徒歩5分|泳ぎイカバル Calamaro カラマーロ 浜松町大門店

◇浜松町金杉橋口徒歩3分|産直酒場 北の国バル浜松町店

◇浜松町徒歩2分|[骨付鳥×バル ワイン]釜焼鳥本舗 おやひなや浜松町店 

◇浜松町北口徒歩3分|尾崎牛肉バル ギャツビー 浜松町店

————

 

近年では全国各地で「街バル」イベントが人気です!

関東エリアの直近イベントは、7月9日~10日開催の「ニッポンクラフトビアフェスティバルin湘南」!

関東エリアの直近イベントは、7月9日~10日開催の「ニッポンクラフトビアフェスティバルin湘南」!

「街バル」は、地域・街の飲食店の活性化を目指して開催されるグルメフェスティバルです。

通常3~5枚つづりになっているチケットを購入して、イベント参加店で飲食をする仕組み。1枚のチケットと引き換えにドリンクとタパスが提供されます。イベント用特別メニューを用意してくれるお店もあるそうです。

こういうイベントがあると、ふだんは遠慮してしまう新しいお店にも入りやすくて嬉しいですね♪

ご興味がムクムク湧いてきたら、街バル公式サイトであなたの街のイベントをチェック!

ぜひぜひ、皆さまも、仕事上がりに、週末に、ご近所でバルってみてくださいね~~~☆

2017.03.30
【新卒】新入社員奮闘日記 – 番外編 –
ぶっちー008
2017.03.29
【新卒】新入社員奮闘日記 Vol.37
たかみー002