ABCレポート

ABCレポート

2016年3月16日(水)14:28:36

ふくの食べある記~パン編②~

ふくの食べある記

今年の桜は、平年より早い開花の予想が出てますね。

東京も今年は3月末が見ごろということで、今からお花見計画を立てないと♪

 

そんな今日は、関東のお花見スポットランキングでいつも上位に入る

「井の頭公園」がある吉祥寺で、食べ歩き‼

 

桜が咲いたら、パンを買って井の頭公園散歩したいなぁ。

と、考えながら、吉祥寺の北口を出てトコトコトコトコ。

 

今回、絶対に来たかったお店がここ!

Dans Dix ans
「Dans Dix ans」ダンディゾン

 

地図を見ながらやってきたが・・・

見つからないなぁ~と思ったところに、この看板が。

 

階段をおりると

Dans Dix ans 店内

きれいに整列するパンたちが・・・

Dans Dix ans パン

流れている空気が違う。

静かな空間に、パンがきれいに並んで、いつでも「その時」を待っているかのよう。

そして、こちらのお店は、自分でトレイに乗せることをしないパン屋さんなのです。

店員さんが一緒について下さり、一緒にパンを選び運んで下さるのです。

常時4種類食パンがあり、見た目は似てるが味は全然違うとのことで、

「こう食べたい」と伝えると、一番おすすめを教えて下​さいます。

 

Dans Dix ans パンを作る

買い手と作り手の距離を近づけたいとの思いから、売り場からも厨房が見渡せる設計になっているとのこと。

 

そして、手前にはショーケースに並んだパンたち。

今までの「パン屋」という常識が大きく覆されるお店。

 

店員さんとお話しながら、今回は食パンと、バケット、グリュイエルブルー(グリュイエルチーズを練りこんだパン)

とピスターシュ(ローストしたピスタチオを練りこんだパン)を購入。

 

パンひとつひとつの説明が書かれたメニュー一覧表を頂きました。

パンの特徴と絵が描かれていて、見ているだけで、幸せ。

次回は、このパンを買おう!なんて、考えながら・・・

隣の小さな公園へ。

Dans Dix ans パン持ち帰り

早速、グリュイエルブルーをぱくり。

グリュイエルブルー

美味しい・・・とても・・・美味しい。

小麦の香りと、チーズの味わい。

もっちりとした生地がたまらない。

買ってすぐ食べたい衝動は、みんな一緒のようで、

私以外にも4人ほど、ベンチに座ってもぐもぐ。

みんな、にこにこ笑っていました。

次の日の朝ごはんに食パンを頂いたが、これまた美味しい。

こんなパンが毎朝食べられたら、朝ごはんが楽しみで早起きしちゃうかも。

今回、絶対にダンディゾンに行きたかった理由は

しあわせな二人

​この本を読んだから。

こちらの著者の引田かおりさんとターセンさんが、オーナーを務めていらっしゃるのが、このダンディゾン。

この本を読んだら、おふたりが考えたパン屋さんって、どんなパン屋さんなのー!?と気になって仕方なかったのでありました。

飲食業もお店の経営も経験がないところから始めたお店ということで、今までのパン屋さんと一味も二味も違う色々なアイディアが満載な、素敵なパン屋さんでした。

固定概念は、お店を作るときには捨てて、自由な発想で自分の作りたいお店とは?と考えてみると、いろんなアイディアが出てくるかもしれない。

ぜひぜひ、ダンディゾンのパンを買って、食べながらこの本を読んでもらいたいな。

まだまだ吉祥寺のパンの食べあるきは続きます。

今日もごちそう様でした。

2017.03.30
【新卒】新入社員奮闘日記 – 番外編 –
ぶっちー008
2017.03.29
【新卒】新入社員奮闘日記 Vol.37
たかみー002