開業実例

NEWオープン情報

Concept

都心で味わう九州なじみの料理たち
疲れた体をリフレッシュさせてみませんか

さくら屋

住所:〒170-0005 東京都豊島区南大塚2丁目11−10

 TEL:03-6912-0510

営業時間:17:00~24:00

定休日:日曜日(営業している日もあるのでお問い合わせください)年末年始
店舗情報【 食べログ 】

関連記事:【 成約インタビュー 】

業種:
居酒屋
予算:
面積:
10坪 (33.06㎡)〜
地域:
豊島区
初期設備:
居抜き

理想に近い物件を見つけて―
土地勘と利便性を兼ねた立地

豊島区南大塚にある東京メトロ丸の内線が通過する本エリア“新大塚”。
池袋まで約3分、新宿まで約13分、東京まで約14分とアクセスの良さがありながら、 賃料相場が比較的リーズナブルと相まって 徐々に注目を浴び始めるいわゆる“穴場”的なスポットエリア。
今回お邪魔させていただいたお店は、“新大塚”駅からを出て約1分の場所に位置する「さくら屋」さま。
大衆的な飲食店が立ち並び、なかにぽつらぽつらと大手カフェチェーンが紛れていたり、 人気ケーキ店や人気日本酒バーが盛業していたりと、 なんともつかみどころに困る、そんな立地。
お店自体は、階段を数段下りる地下にあたるが、外部から階段だけが見えるような形ではなく、 店舗入り口のガラス面や踊り場も視認できる半地下のようになっている。
こちらの「さくら屋」さまは、2016年10月1日にオープンをされた、まだまだできたての店舗。
元々、バーがやっていたお店の後継として引き継がれたが、現在ではその面影はなく、 純和風な料理店の趣となっている。

もっとフォーカスしてほしい九州の味
そして、九州の雰囲気

こちらのオーナー様は、九州の鹿児島出身。 飲食店を転々とされながら、 いつかは九州の食材や郷土料理をメインとした自分の店を、という夢をかねてから持たれていたそう。 また、日常生活のなかでなかなか触れる機会の少ない九州料理をもっとたくさんの人に食べてもらい、知ってもらいたいという思いから事業展開をされ始めた。 4年前に新板橋にて記念すべき1店舗目を出店された。お世辞にも認知度の高い街ではなく、お店の規模も控えめなものを選ばれた。 徐々にお店は軌道に乗り始め、常連のお客様を中心に地元密着型のお店として地盤を築かれていった。 九州の風土として、ゆったりとしていて、おおらかな雰囲気の流れる店内は、日ごろの疲れを取る、そんな目的としたサラリーマンの需要も高まっていった。 支持されるお店として確立がなされ、今年10月に2店目となるお店をお開業された。お店のコンセプトは変えず、九州7県の食材や料理を用いた飲食店。 現在雇われているスタッフが1号店である新板橋を中心に固まっており、できるかぎりスタッフに負担をかけたくないとの思いも持たれておられたこともあり、 近しい距離感での物件を探されていた。 また、20年ほど前に近くでお勤めになられていたことや、近くに同業種の競合店がないことも出店の後押しとなった。

おすすめの料理-
ひとつのお店でぐるり九州一周旅行

matome5 matome6

営業担当からの一言

契約までの間に色々と問題があって、調整など大変でしたが、何とかオープンできて、ほっとしております。非常にいいお店になっていると思いますので、ぜひ一度は九州を体感してみてください!

search