開業実例

BeforeAfter

Concept

店頭と内装の統一感を大切に
入口付近にメインである生ビールのタップを美しく配置

塊肉&麦酒 BLOCKS

外観

屋根はすっきり店名だけに。壁にさまざまな色のペンキをほどこした木材を貼って、味のある店頭に生まれ変わらせた。

店内

店内に貼ってあったものをすべて取り払い、ビヤ樽やビール系の横断幕を飾って麦酒の店らしくアレンジ。素材を馴染みの業者から仕入れ、テーブルも椅子も自分たちで手作りした。横の壁や店の奥にも店頭と同じ木材を打って外との統一感を出し、ウッディーで落ち着いた内装に仕上げた。

店内

カウンター席のテーブルはそのまま活用。前面に木材を打ち、椅子を全体の雰囲気に合うよう入れ替えた。カウンター上部と写真右の壁にメニューボードを設置。

「塊肉&麦酒 BLOCKS」は中野駅南口から徒歩3分。南口を出て左に線路沿いの道を行くと看板が見えてくる。熟成塊肉と樽生のクラフトビールを常時10種類以上味わえるお店だ。3月には東北の地ビールフェアをやるなど、その時々でいろいろな銘柄を楽しめる。名物の「ブロックス盛合せ」はこだわり抜いた4種の肉が総量700gと圧巻のメニュー。
入口付近のカウンター部分は、当初あった壁をなくして生ビールのタップを美しく配置した。他は、居抜きを活かしつつ自分たちで改装し、雰囲気に合うものはそのまま残した。ただ厨房機器はほとんど残っていなかったため、新しく購入した。
客層は20代から近隣にお住まいの60〜70代のご夫婦まで幅広い。平日でも私服の方が多く、金曜以外はスーツ姿の人は少ないそうだ。土日には中野ゼロホールを訪れた家族連れもいらっしゃる。姉妹店の中で初めて地域密着型のエリアに出店したのがこのお店。今の客層を大事にしてお店を育てていきたい、と店長の氣仙さんは語った。

 

★ 塊肉&麦酒 BLOCKS★
住所:中野区中野2-11-4 ルネッサ紅葉山101
TEL:03-6304-8113
営業時間:(月・水~金)17:00~24:00
(土・日)15:00〜23:00
定休日:火曜日・祝日・年末年始
会社HP:http://www.lifeart-navi.com
ぐるなび:http://r.gnavi.co.jp/6m8kdvt80000/

 

search