開業実例

BeforeAfter

Concept

シンプル&モダンのホテルスタイルを意識
お客様のニーズに応えフレキシブルな造りに

茅場町 itsumo

外観

外壁にはレンガをあしらいシックに。強化ガラスの自動ドアとシェードは、以前の店のものを引き続き使用している。店頭にはオリジナルの日本酒をディスプレイし、日本酒とも相性のよい和テイストの洋食を楽しめることをアピール。

店内

外装内装ともに白を基調とし、清潔感と親しみやすさを演出。パーティーで利用の際は、プロジェクターが使えるようにあえて白壁部分を多く残している。背もたれの低い椅子をセレクトしたことで、店内がより広く、スッキリ見えるように。

東京駅からタクシーでワンメーター、地下鉄駅からも徒歩3分という立地のよさに加え、緑も多く、落ち着いた雰囲気で注目を集める新川1丁目エリア。ここでオープン半年ながら、すでに多くのリピート客を獲得しているのが、洋食ダイニング「itsumo」だ。以前はセルフのうどん屋だった物件を居抜きで契約し、約2か月の準備期間を経て現在の店に作り上げた。「立地と環境、広さは申し分なく、即決しました。ただ、厨房はじめ、店内の状態はあまりよくなかったため空調と水回り以外は結局、ほとんど手を入れることに」(オーナー談)。
ライブ感が楽しめるオープンキッチンや、多種多様に揃えた酒やグラス類の収納スペース、8席分のカウンター設置、落下防止柵を取り付けた棚など、費用はかさんだが、その分使い勝手がよくひとりひとりの作業効率がアップしたため、スタッフ数を抑えることが可能になった。企業の役員たちの貸し切り利用や大人数でのパーティーも多いため、客席スペースはその場に応じて変えられるフラットな造りに。あえて個室を設けなかったのも戦略の一つと言える。

search

2017.03.30
【新卒】新入社員奮闘日記 – 番外編 –
ぶっちー008
2017.03.29
【新卒】新入社員奮闘日記 Vol.37
たかみー002